シミとの戦いに負けないために知らないと損する日本のビタミン剤3選

「どうしてあの人は年齢を感じさせない透明感のある肌をしているんだろう?」
「30歳を過ぎたら急にシミが増えてきた、どんな対策をすればいいの?」
「シミを見るたびに年齢を突きつけられているようで落ち込む…」

こんな悩みや疑問をお持ちではありませんか?

同じように生活をしていても年齢などまるで感じさせない透き通った肌をキープしている人がいるのは不思議ですよね。 もしかしたら生まれ持った体質だからと諦めてませんか?たしかに体質もあるかもしれません。

しかし、本当にそれだけでしょうか…

透明感のある肌を医薬品と二人三脚で作れるとしたら?

この記事ではシミとの戦いに負けないための簡単な知識とシミ対策に特化した日本のビタミン剤を紹介します。

ぜひ最後までお読みください!

いくつ透明感のある肌に有効な成分をしっていますか?

シミに効果のあるビタミン剤があることを知ってる人は多いかもしれません。ですが、いざドラッグストアにビタミン剤を買いに行くとそのラインナップに圧倒されることでしょう。

正直、どれを買えばいいのか途方に暮れると思います。

まずはどんな有効成分を知っておけばいいのか確認しましょう。

代表的な成分は次のとおりです。

  • L-システイン
  • ビタミンC
  • パントテン酸カルシウム
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ニコチン酸アミド

順番に解説していきますね。

L-システイン

L-システインはシミの原因になる黒色メラニンが過剰に生成されるのを防いでくれる成分です。他にも濃くなってしまったシミを薄くする、メラニンを体外に排出するという効果があります。

シミ対策のビタミン剤にとってはなくてはならない成分です。 必ずパッケージの裏の「有効成分」のリストにL-システインが配合されているかを確認しましょう!

ビタミンC

ビタミンCはL-システインが効果的に働くために欠かせないビタミンです。一般的には免疫力を高めてくれる栄養素として知られています。 しかしビタミンCの働きはそれだけに留まりません。

高い抗酸化作用で細胞や組織を傷つける活性酸素を追い出してくれます。活性酸素を野放しにしておくと老化や疲労を蓄積する羽目になります。

肌はもちろん、全身のアンチエイジングには欠かせない栄養素です。

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムはビタミンB5とも呼ばれるビタミンの一種です。脂質、糖質、タンパク質の代謝に必須のビタミンです。

あまり聞いたことがないビタミンかと思いますが、それもそのはず。 パントテン酸カルシウムは単体で活躍するというよりも他のビタミンと連携して働く縁の下の力持ちのような存在だからです。

その働きの一つとして皮膚の健康維持があるんですよ。

ビタミンB2

ビタミンB2は成長促進に欠かせないビタミンです。

成長促進と聞くと成長期だけに重要そうですが、そうではありません。 皮膚、粘膜、髪などの生まれ変わりに必要ですし、老化の原因とされている過酸化脂質を分解したりと大活躍です。

肌の細胞の生まれ変わりのサイクルが乱れてしまうとメラニンが沈着してシミの原因になってしまいますから積極的に摂取したいですよね。

ビタミンB6

ビタミンB6はアミノ酸の代謝を助けたり、脂質の代謝に必要なビタミンです。

ビタミンB6が不足すると皮膚炎、舌炎、口内炎、貧血などの症状が出ることが知られています。

肌の健康維持に重要な役割を担っているのが分かりますよね。

若々しく健康的な肌を維持するのに欠かせないビタミンですのでこちらも積極的に摂取したいところです。

ニコチン酸アミド

ニコチン酸アミドはビタミンB群の一種です。

なんと500種類もの酵素の補酵素として働いています。

補酵素とは簡単に言うと酵素の右腕です。補酵素が助けてくれるからこそ酵素はその実力を存分に発揮できるわけです。ところが補酵素がいないとそうはいかないんですよね…

例えば、不足してしまうと口内炎、皮膚炎、舌炎といった症状が出てしまいます。

シミに必要な有効成分をマルっと配合した日本のビタミン剤

必要な有効成分はお分かりいただけたかと思います。

しかし、全てを過不足なく食事から摂取するのは難しそうですよね。まさか食事のたびに食材が含む栄養素を調べるわけにもいきません。そんなことをしていたら時間がいくらあっても足りません…

そこで利用したいのが医薬品です。

効率よく有効成分を摂取することで体の中から透明感を演出してあげましょう! シミに特化した有名な日本のビタミン剤を紹介していきますね。

シミ対策の日本のビタミン剤の定番と言えば、ハイチオールCプラス2

ハイチオールCプラス2はシミ対策の日本のビタミン剤のパイオニア的存在です。

それほど日本では有名でシミ対策といえばハイチオールCと思い浮かべるくらいです。

L-システイン、ビタミンC、パントテン酸カルシウムのコンビネーションが肌の生まれ変わりのサイクルを正常化して肌にメラニンが残ってしまうのを防いでくれます。

さらにハイチオールCプラス2は体内のTCAサイクルというエネルギーを生み出す装置が稼働するのに必要な酵素を供給する効果もあるんです。つまり、疲れ・だるさにも効果があるんですよ!

疲れって頑張ってメイクしてもどうしても雰囲気に出てしまいますから厄介ですよね。疲れに負けない整った肌と体にはハイチオールCプラス2がおすすめですよ。

日中は時間に追われて飲み忘れてしまう人には、ハイチオールCホワイティア

ハイチオールCホワイティアはハイチオールCシリーズの最高ランクの日本のビタミン剤です。

ハイチオールCシリーズ中最大量のパントテン酸カルシウムを配合しているのが特徴です。パントテン酸カルシウムのおかげで皮脂のバランスが整えられ、あなた本来の肌の美しさを引き出すのに一役買います。

透明感のある肌を手に入れたとしても、皮脂でテカテカだと残念な印象ですよね…

服用回数も朝と夜の2回でいいので忙しい現代人でも続けやすい処方もポイントです。せっかくシミ対策の日本のビタミン剤を買っても飲み忘れてしまっては本末転倒です。肌の生まれ変わりには時間がかかるので継続するのはとても重要なんですよ。

日中は忙しくてついつい飲み忘れてしまうという人はハイチオールCホワイティアを選んでみてはいかがでしょうか。

シミ対策で寄り道をしたくない人には、トランシーノホワイトCクリア

トランシーノホワイトCクリアはL-システインとビタミンCを最大量含んだシミ対策の日本のビタミン剤の決定版です。

過剰なメラニンを徹底的に抑え込む処方になっています。

効果はそれだけではありません。

肌の血行や代謝を促進し、細胞賦活作用まであるのが最大の特徴です。細胞賦活作用とは簡単に言えば、元気な細胞を活発に増殖させる作用のことです。元気な細胞が増えるということはアンチエイジングも期待できるので嬉しい限りです。

これだけの効果が期待できるのはその処方に秘密があります。

天然型ビタミンE,ビタミンB2、ビタミンB6、ニコチン酸アミドまで配合しているからです。この記事で紹介した有効成分をほとんど含んでいるのです!

シミ対策で寄り道せずにまっすぐにゴールまでたどり着きたい人におすすめです。

シミとのたたかいを制するにはまずは体の中から!

シミは適切なケアを行えば過剰に恐れる必要はありません。今回の記事で紹介した栄養素を含む食品を毎日コツコツと食事から摂取していればいいんです!

それができれば苦労しませんよね…

この数十年で私たちは抱えきれないタスクに追われ、ストレスにさらされるようになってしまいました。便利になったはずなのに生活は不健全になったと感じてる人は多いのではないでしょうか。

とは言え、過去には戻れないのもまた事実。

今回紹介したシミ対策の日本のビタミン剤を紫外線や疲れでくすまない肌のために役立ててくださいね!

もちろん、日焼け止めや日傘など体の外側からの紫外線対策も忘れずに行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました