今さら聞けない日焼け止めの超基本!SPFとPAとは?

SPFとPAとは日焼け止め

冬から春になると暖かい日差しが気持ちよくて気分も晴れやかになりますよね。しかし、夏の足音が近づくにつれて日差しは徐々にあなたに牙をむくように…。

そう、美肌の天敵、紫外線です!

紫外線対策には、「日焼け止めを塗るのが大事だよね」と誰もが考えます。

「何を今さら当然のことを」と思うかもしれませんが、日焼け止めを選ぶ時に日焼け止めのパッケージに書いてある「SPF」や「PA」の違いなどを理解して選んでいますか?

多くの人が価格で決めたり、広告で見かけたから、新商品だからなどという受け身の理由で選んでいるのが現実です。これでは大事な一つしかないあなたの肌を紫外線から守るには不十分。

今回は日焼け止めの基本となる「SPFとPA」の違いからTPOに応じた日焼け止めの選び方、そして日焼け止めを使っているのにシミができてしまった時の対策まで解説していきます。降り注ぐ紫外線などものともしない透明感のある若々しい弾力感のある肌を失わないためにも、ぜひ参考にしてください!

SPFとPAの違いとは

SPFとPAの違いについて解説する前に簡単に紫外線について説明しておきますね。紫外線はその波長によって次の3つに分類されます。

  • UVA
  • UVB
  • UVC

UVCはオゾン層に吸収されるので地表には届きません。問題はUVAとUVBです。この2種類の紫外線の対策を怠るとシミやシワ・たるみなどの原因になってしまいます。

そこで覚えておくべき指標がSPFとPAというわけです。

では、本題に入っていきましょう!

SPFとは

SPFとは「Sun Protection Factor」の略称。その意味は、どのくらいUVBを防ぐ効果があるのかという物差しです。

UVBは地表に届く2種類の紫外線のうちの一つですが、短時間で肌に赤みや炎症を起こすのが特徴

日差しを浴びて肌がヒリヒリして真っ赤になるのはUVBの影響ですね。

UVBをたくさん浴びるとメラノサイトが活性化して肌を守ろうとしてメラニンをせっせと作りだします。

そしてメラニンがうまく体の外に排出されないとシミやそばかすになってしまうというわけです。

SPFは「1〜50+」に分けられており、数値が大きいほどUVBに対する防御効果が高くなります。

PAとは

PAとは「Protection Grade of UVA」の略称です。SPFとは違い、こちらはUVAをどのくらい防ぐのかどうかの物差し。

UVAはUVBと違い、長い時間をかけて肌の弾力を失わせるのが特徴

例えが稚拙で申し訳ないのですが、ステーキの焼き加減のウェルダンをイメージしてください。じっくりと時間をかけてお肉の中心にまで火を通す焼き加減ですが、レアと違い熱によって繊維は収縮しています。さらに、もし焼きすぎようものなら、パサパサに…。

似たようなことが、あなたの肌で起こっているとしたら?

残念ながら、UVAは肌の真皮層にまで到達してしまいます。その結果、線維芽細胞を傷つけてしまうのです。

線維芽細胞とは、肌の弾力とハリを生み出すコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作りだしてくれる細胞。

もうお分かりですね。

残酷な話ですが、傷ついた線維芽細胞ではあなたの見た目年齢の老化を止めることはできません。しかも、このUVAは透過性が高いのです。つまり、家の中にいようが、あなたの肌はUVAからは逃げられないということ。

「これ以上脅さないで!」と叫びたくなるでしょうが、後半では効果的なUVA対策もお伝えしますのでご安心ください!

PAは4段階の「+」マークで防御効果がランク分けされています。「+」マークの数に比例してUVAに対する防御効果は高くなります。

日焼け止めを選ぶなら、こんな風に

ここまで読んだあなたは、「紫外線、怖い!とにかく最強の日焼け止めを選んでおけば大丈夫よね!」と早とちりをしてしまうかもしれませんね。気持ちは分かりますが、闇雲に強さだけで選ぶのはおすすめしません。

日焼け止めはTPOに応じて使い分けてこそ真価を発揮します。

ここでは環境省の「紫外線環境保護マニュアル2020」から日焼け止めの使い分けの具体例を紹介しますので参考にしてくださいね。

日常生活

散歩、通勤、ちょっとコンビニまで買い物というレベルの外出ならば、「SPF10〜20・PA++」程度で十分です。

屋外にいる時間が数分から1時間程度ですね。

屋外での軽いスポーツ

屋外でテニスをしたり、営業などの外回りで屋外にいる時間が2〜3時間程ならば「SPF30以上・PA+++」の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

炎天下でのレジャー

マリンスポーツやBBQなど炎天下で紫外線に長い時間さらされる時には「SPF50以上・PA++++」の国内最高レベルの日焼け止め一択です。

以上が簡単な使い分けの例ですが、乾燥肌や敏感肌の人は日焼け止めを塗ると肌が荒れるという人もいるでしょう。その場合は、SPFやPAも重要ですが、「紫外線吸収剤フリー」あるいは「ノンケミカル処方」の日焼け止めを検討してください。

日焼け止めの剤形の使い分けと効果的な塗り方

SPFとPAの違いとTPOに応じた使い分けについてはお分かりいただけたかと思いますが、いざドラッグストアに行くと新しい問題にぶつかります。

それは、剤形の違い。

アレコレ種類があり、混乱してしまいますが、知識があればベストの選択ができるので大丈夫ですよ。

剤形の使い分けのポイントは次の3つです。

  • お出かけ前:密着する「塗るタイプ」
  • 外出先:塗り直しが簡単な「スプレータイプ」
  • マリンスポーツなどで汗をかく時:水で落ちにくい「ウォータープルーフ」

もう、あなたにお伝えすることは何もありません!と言いたいところですが、せっかくの日焼け止めも塗り方が適切でなければ効果は微妙…。

日焼け止めを塗ったにもかかわらず、日焼けしてしまうという本末転倒になりかねません。これは、日焼け止めの量が少なかったり、塗り忘れがあるからです。

以下の手順で日焼け止めを塗れば防げるので参考にしてください。

  1. 手のひらに1円玉くらいの大きさの日焼け止めを出す
  2. 両頬・額・鼻・あごに日焼け止めを置く
  3. 頬・額から塗り拡げる
  4. 顔の中心から外側に向かって顔の隅々まで塗り拡げる
  5. 1〜4をもう一度繰り返す

顔は入念に塗る人が多いのですが、首の後・手・デコルテ・唇などは忘れてしまいがち。紫外線に付け入る隙など与えないようにしましょう!

忘れてはいけないのは、こまめな塗り直し。

汗をかけば汗で日焼け止めは流れ落ちますし、汗を拭けば一緒に日焼け止めも拭き取ってしまいます。2〜3時間おきに塗り直すのをお忘れなく

また正午から降りそそぐ紫外線の量はピークアウトしますが、ゼロではないので家を出るときだけではなく、家に帰る時も忘れずに塗りましょうね。

日焼け止めを使うのは夏だけではダメ!

もうあなたは日焼け止めの選び方で迷うことはないでしょう。しかし、忘れてはいけないことがもう一つだけあります。

紫外線は365日毎日降り注いでいます。

紫外線の量は夏がピークですが、冬になるとゼロになるというわけではありません。冬でも夏の半分ほどの紫外線は降り注いでいるんですよ。

つまり冬でも紫外線対策を何もしなければ、あなたのお肌は窯の中で焼かれるピザのようにカリカリに焼かれているのです。

とはいえ、日焼け止めを毎日使うのは正直面倒ですよね。

そこで、おすすめしたいのは次の2つ。

  • 日常的にUVカット効果のあるスキンケア用品を使う
  • UVカット効果のあるカーテンや窓にUVカットフィルムを貼る

毎日使うスキンケア用品をUVカット仕様にしてしまえば手間がかかりませんし、そもそも部屋に紫外線が入ってこないようにすれば恐れるものはありません。

さらに紫外線対策に意欲がある方は「シミを作らないためには、食生活が基本!あなたはいくつできていますか?」も是非参考にしてください。

紫外線対策を制するものだけが美白を手に入れられる!

透き通る白い肌は見る者を虜にしてしまうほど魅力的ですし、何よりも年齢を感じさせないので自分自身に自信が持てますよね。

しかし、透明感のある若々しい肌を手に入れ維持するためには不断の努力が欠かせません。そのためには正しい知識が必要不可欠。

今回の記事をガイドラインにして日焼け止めを選んでいただければ、あなたの紫外線対策の土台が盤石なのは間違いありません。

考えることが多くて大変かもしれないですが、数年後にあなたはその効果に驚くことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました