鏡に写った自分を見るのが楽しくなる!ニキビのない肌にする方法6選

ニキビのない肌にする方法6選スキンケア

想像してみてください。

あなたが帰宅すると同窓会の案内が届いていました。共に青春時代を過ごしたかけがえのない友人たちとの再会にあなたの心は温かい気持ちでいっぱいになります。

しかし、あなたには行きたくても行けない理由が…。

あなたの顔にはまるで学生時代のようにニキビが!

「もし友人たちがニキビなんてない綺麗な肌だったら、気後れして楽しめそうにないかも。でも、また当時のように他愛のないことを話して楽しい時間を過ごしたい…。」

ちょっと大げさかもしれませんが、逆に久々に再会した友人から「えっ!なんでそんなに肌が綺麗なの!?ニキビがなくって羨ましい!」と言われたとしたらうっとりしますよね。

心のなかではガッツポーズをしているくらいの気持ちでしょう。

ただし、それには適切な努力が必要。努力というとハードルが高いように思うかもしれませんが、乗り越えた先には自分史上最高に美しいあなたが待っていることを思えば乗り越えられるはず。

そこで今回は、誰にでも簡単に始められるニキビのない肌にする方法をご紹介します。全てを一度に実践する必要はありません。できそうだと思うことから始めればいい、くらいの軽い気持ちで読み進めましょう。

できそうだと思うことや少し頑張ればできるかもと感じたことから実践すれば、あなたの肌はきっと応えてくれますよ。

では、早速見ていきましょう!

ニキビのない肌にする方法1:適度な運動をする

最初は耳にタコができるほど聞いたことがあることで恐縮ですが、運動です。

「そんなの聞き飽きたよ!」と思うかもしれませんが、あなたは週にどのくらいの運動をしていますか?

胸を張って答えられるようなら問題はありませんが、運動不足が騒がれている現代です。答えはNOの人が多いことでしょう。

何もジムに行って重たいウェイトを持ち上げられるようになりましょう!と言っているのではありません。いきなりそんなことをしようとしてもできるわけがありませんし、何よりも継続できませんからね。

そこで、おすすめなのが、ウォーキングです。

ただし、ただゆったりと歩くのではありませんよ。ある程度の負荷をかけなくては運動とは呼べません。

具体的には軽く息が上がるくらいのペースのウォーキングを30分〜60分ほど週に2回程度することから始めましょう。

30分〜60分もまとまった時間がとれないという人は普段の歩く速度を速歩きにするなどして1日の合計のウォーキング時間が30分以上になるように調整してみましょう。

ニキビのない肌にする方法2:十分な睡眠をとる

またまた当たり前のことですが、睡眠時間は十分に確保しましょう!

ちなみにこの先も当たり前のことが続きますが、当たり前のことを軽視するのではなく、今の自分の当たり前レベルをチェックするつもりで読み進めてくださいね。

健康に限った話ではありませんが、何事も上級者の人たちは総じて当たり前のレベルが高い傾向があるのは肌感覚で感じていることでしょう。

この機会にあなたの当たり前のレベルをチューニングして差をつけちゃいましょう。

さて、本題に戻りますが、十分な睡眠についてものすごく簡単にまとめます。

睡眠に点数をつけるとするならば、次の公式で導き出されます。

睡眠スコア=睡眠時間×睡眠の質

つまり、時間が長くても質が悪ければ十分とは言えませんし、時間が短くとも質が良ければ睡眠のパフォーマンスは高いと言えるわけですね。

大事なのはバランスですが、日本人は先進国の中でも睡眠不足の傾向があります。「睡眠負債」などというかつてはなかった言葉が流行したほどです。

まずは睡眠時間を確保することが最優先なのは間違いありません。6〜8時間が睡眠時間のスイートスポットなのでこのラインを下回ることがないように生活を組み立てましょう。

ニキビのない肌にする方法3:栄養バランスのとれた食事をとる

私たちの身体は私たちが食べたもの、つまり食事でできています。つまり、質の良い食事をしている人はそうでない人に比べて高いパフォーマンスを出せるということです。

これは肌とて同じ。

今回はニキビのない肌にするための栄養素としてマストと言ってもいい栄養素を紹介しておきますね。

以下の栄養素はニキビのない肌には必須!

  • ビタミンA
  • ビタミンB類
  • ビタミンC

詳しく見ていきましょう。

ビタミンA

ビタミンAには細菌などへの抵抗力を高めたり、ニキビの可能を防いだり、肌のターンオーバーを促す働きがあります。どれも肌のコンディションを整えるためには欠かせない働きばかり。

ビタミンAを含む食品は、にんじん、ほうれん草、レバー、うなぎ、バター、チーズ、卵などがあります。

ビタミンB類

肌のコンディションということに特化すると、ビタミンB2とビタミンB6を意識して摂取しておきたいところです。これらは脂質やタンパク質の代謝に関わっており、不足するとニキビや口内炎になってしまいます。

ビタミンB2やビタミンB6を含む食品は、納豆、チーズ、卵、アーモンド、かつお、まぐろ(赤み)などです。

ビタミンC

ビタミンCは美白などでお馴染みでしょう。美白外にもコラーゲンの生成に必要だったり、鉄の吸収を助けたりと大活躍。

ビタミンCは野菜や果物に豊富に含まれています。毎日の食生活にサラダやフルーツを追加するようにするのがおすすめ。

3種類のビタミンを簡単に紹介しましたが、あなたは内心では「栄養素を考えて献立や外食のメニューを決めるのは面倒くさい」と思っているのではないでしょうか。

安心してください。普段の食生活の意識を少しずつ改善しつつ、サプリメントなどの栄養補助食品で足りない栄養素は補っちゃいましょう!

ニキビのない肌にする方法4:適切なスキンケアをする

ニキビになりにくいスキンケア製品を選ぶのが手っ取り早いわけですが、どうやって選べばいいのかが問題ですよね。

おすすめは「ノンコメドジェニックテスト」を合格した商品を選ぶこと。

全ての人にニキビができないわけではありませんが、ニキビができてしまうリスクを減らすことは可能です。

ニキビのない肌にする方法5:ファンデーションの厚塗りをしない

肌の状態が良くないからと言って、ファンデーションをついつい厚塗りしてませんか?

これは絶対に避けたい行動です。

毛穴が詰まってアクネ菌が増殖する原因になりかねません。しかもファンデーションを落とすためにクレンジングを一生懸命しますよね。

その結果、肌に過剰な刺激を与えてしまうことになります。

逆に、刺激を与えないようにすると、今度はファンデーションが毛穴に残ってしまいアクネ菌の温床になるという結末になるかもしれません。

どちらに転んでもあまりいい結末にはなりませんよね。

ニキビのない肌にする方法6:ストレスを溜め込まない

現代人の最大の敵はもしかしたらストレスかもしれません。

テレビやネットでは不安を掻き立てるようなニュースが連日流れていて気が滅入りますよね。

これでストレスフリーな生活を送れというほうが無理があります。しかし、テレビやネットで情報収集しておかないと変化が早い現代では取り残される心配もあるのもまた事実。

大事なのは適度にガス抜きする習慣を持っていること。

例えば、運動で汗を流せば、気持ちもスッキリしますし、適度に疲れてぐっすり眠れてストレス発散には運動は本当におすすめです。

さらに、ストレス発散の方法は複数ストックしておくのがベター。シンプルすぎてもバリエーションが少ないと寂しいですからね。何より運動をしたくない日だってありますよね。

お気に入りの入浴剤を入れて優雅なバスタイムを過ごしたり、音楽を楽しんだり、いつもより丁寧に料理をしたり、親しい友人と過ごすなど幅をもたせるのも大人の女性の醍醐味ではないでしょうか。

ニキビのない肌を手に入れるためには行動するしかない!

あなたの生活習慣の当たり前の基準はどの程度でしたか?

今回は当たり前のオンパレードでしたが、当たり前だからこそ見落としがちでもあります。また当たり前のことって面倒くさいと感じてついつい楽な方法がないのか探しててをつけなかったりしちゃいますよね。

でも、思い返してみてください。

あなたの周りでいい結果を出している人は当たり前のことを当たり前に丁寧にこなしていませんか?

最後に精神論になってしまい恐縮ですが、ニキビのない肌にする方法は、「丁寧に生きる」という決意がなくては難しいでしょう。

もし、あなたがニキビのない肌にする魔法の方法を心から求めるならば、根っこにある考え方をチューニングして生活習慣をアップデートしましょう。

現代はSNS全盛期でもあります。憧れの人をフォローして取り入れられる習慣は積極的に取り入れるなどしてみるのもおすすめですよ!

タイトルとURLをコピーしました