ドラッグストアで買える!いい香りのボディクリームで毎日のボディケアを楽しくしよう

突然ですが、正直、ボディケアって面倒じゃありませんか?

毎日の仕事や育児や家事などをこなせばクタクタですよね。いつものスキンケアに加えて、ボディケアまでこなすのは中々にハードです。疲れてるから早く休みたくてベッドに潜り込む時もあるのではないでしょうか。

しかし若い頃と違い油断するとお肌がすぐに悲鳴を上げてボディケアを怠った自分に自己嫌悪。そこで何とか義務感のようにボディクリームを塗ってみるものの全く楽しくない。

このボディケアの時間を義務感から頑張った自分へのご褒美に変える方法はないものでしょうか?

そこで今回はドラッグストアでいい香りを選ぶ時のポイントや香り別の効果から、おすすめのボディクリームまでご紹介していきます。

大事なボディケアだからこそ、楽しくなるようないい香りのボディクリームを手に入れましょう!

ドラッグストアでのいい香りのするボディクリーム選びの3つのポイント

いい香りのするボディクリームと一口に言っても、その種類は豊富。

何も考えずに選ぶと「何だか思ってたのと違う!」という結果になりボディケアを怠ってしまう原因になるかも。

ボディケアの時間が待ち遠しくなるご褒美タイムにするためにも次の3つにはこだわりたいところです。

  • 香りの持続性が高いものを選ぼう
  • 保湿成分をチェックしよう
  • 肌質に合うものを選ぼう

順番に解説していきますね。

香りの持続性が高いものを選ぼう

せっかくのいい香りでも塗った瞬間だけでは味気ないですよね。時間をかけてボディケアをするのですから、いい香りを漂わせて「あれ?何だかいい香りだね!」と言われたいものです。

ボディケアの本質からは外れているような気もしますが、やはり楽しくなければ続けられませんからね!

どの程度の持続するかまではパッケージなどからでは判断が難しいので口コミサイトやSNSをチェックしてみましょう。

保湿成分をチェックしよう

ボディケアの目的は肌の保湿です。いくら香りがお気に入りだからと言って保湿力が低いボディクリームを使っているようでは意味がありません。

「敏感肌なんてもう、うんざり!面倒なボディクリーム選びを楽にする方法」でもお伝えしましたが、保湿力を確認する時には「うるおいを与える成分」「うるおいをキープする成分」「うるおいを閉じ込める成分」のバランスが重要です。

とはいえ、忙しくてボディクリーム選びに時間をかけられないこともあるでしょう。

そんな時には水分を補う「エモリエント成分」と「油分を補う成分」を確認しておきましょう。

代表的なエモリエント成分はセラミド、ヒアルロン酸などです。油分を補う成分はワセリン、グリセリンなどが一般的です。

肌質に合うものを選ぼう

残念ですが、香りが自分好みであっても、肌質に合わないようであれば使用を控えましょう。

「敏感肌なんてもう、うんざり!面倒なボディクリーム選びを楽にする方法」で解説したように肌質に合わないボディクリームはあなたの肌のバリア機能を低下させて乾燥を加速させてしまいかねません。

リラックスタイムを味わいたいのであれば、アロマを焚いたりハーブティーを飲むなどの工夫をしてみることも検討しましょう。

あなたにピッタリのいい香りはどれ?

いい香りと言っても漠然としていて困りますよね。ドラッグストアの店員さんに「いい香りのボディクリームってどれですか?」と質問をしても望んだ答えが得られるとは限りません。

なぜなら、その時のあなたの気分によっていい香りは違うからです。

ここでは簡単に香りの種類と期待できる効果についてご紹介します。

シンプルに香りを分類すると次の4つになります。

  • フルーティー系
  • フローラル系
  • ハーブ系
  • センシュアル系

それぞれ見ていきましょう。

フルーティー系

フルールをメインにした香りです。果肉が弾けた時のような香りが特徴。気分転換したい時や元気を出したい時におすすめ。

フローラル系

花の香りがメインで、女性らしい華やかさや上品さを演出したい時におすすめ。

ハーブ系

ラベンダーやカモミールなど気分が落ち着くハーブの香りです。ゆったりとリラックスしたい時におすすめ。

センシュアル系

人間味を思い起こさせる香りです。ちょっとしたセクシーさや知性・気品を醸し出したい時におすすめ。

ドラッグストアで手に入るいい香りのおすすめボディクリーム

実際にドラッグストアにいい香りのするボディクリームを買おうとして足を運ぶと、あまりの種類のボディクリームがあることに驚き迷ってしまいます。

テスターを試しながらお気に入りを探すのも楽しい時間。

とはいえ、サクッと人気のいい香りのボディクリームを買いたい!という欲求もあるのもまた事実。ここではドラッグストアで手に入るいい香りのボディクリームを厳選しました。

毎日のボディケアに華を添えるいい香りのボディクリーム選びの参考にしてくださいね。

ジョンソン ボディケアアロマミルク

プチプラで贅沢にたっぷりと使えるのが特徴です。肌をやさしく保湿するベビーオイルを配合しており、香りだけでなく保湿力の高さも人気の秘密。

「ローズとジャスミンの香り」「ピーチとアプリコットの香り」「ラベンダーとカモミールの香り」など気分に合わせて使い分けができる豊富なラインナップも魅力。

お手軽に買えて香りも豊富で気分に合わせて使い分けられるのでエントリーモデルとしておすすめのボディクリームです。

さらにポンプサイズの大容量タイプもあるのでコスパ重視の人には嬉しいですよね。

ニベア プレミアムボディミルク

「プチプラなのが良いんだけど、香りにもこだわりたいし保湿力も優れているのがいい。」この丁度いいレベルって難しいですよね。

実際、ドラッグストアでは様々な価格帯の商品が並んでいて、価格とパフォーマンスのバランスが気になるところです。

「ニベア プレミアムボディミルク」は価格とパフォーマンスのバランスが非常に良いボディクリーム。

ニベアというとベタつくようなイメージあるかもしれませんが、こちらは伸びが良く、サラッとしており肌全体に塗りやすいのが特徴。気になる香りですが、女性らしい華やかさを演出するローズの香り。保湿とリラックスが高いレベルでまとまったお値段以上の価値があるボディクリームです。

ダイアンボタニカル ボディミルク

香水のように香りが変化するのが特徴でリラックスタイムに鮮やかなグラデーションをつけてワンランク上のボディケアタイムを味わうことができます。

香りを楽しめる上に90%以上が天然由来成分で子どもから大人まで使えるほど肌に優しいのも嬉しいですよね。

毎日使うものだから、肌に優しいかどうかを気にする人にとっても安心できるののも特徴です。

評価も高く、雑誌「LDK」のボディクリームベストバイでも総合結果1位を獲得するほど。保湿力、香りの持続力、成分、使用感の全てがAランク以上の評価を獲得しています。

「香りも楽しみたいし、保湿もしっかりしたい。だけど、寄り道せずにいい物を買いたい!」という欲張りな方は大満足することでしょう。

ドラッグストアのいい香りのボディクリームでリラックスしよう

毎日のボディケアは欠かせませんよね。

しかし、仕事・育児・家事に追われて疲れた身体では頭で毎日のボディケアが大事だと分かっていても続けるのは難しいのではないでしょうか。

ちょっとした工夫をするだけで面倒だと思っていたボディケアは頑張った自分へのご褒美タイムになります。

最後にドラッグストアでいい香りのするボディクリームを選ぶポイントをおさらいしておきましょう。次の3つのポイントを意識してあなたのお気に入りを見つけてください。

  • 香りの持続性が高いものを選ぼう
  • 保湿成分をチェックしよう
  • 肌質に合うものを選ぼう

気分に合わせて香りを楽しむのも大人な女性の時間の過ごし方ですね。今回の記事があなたのリラックスタイムの演出に役立ててれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました