汗の臭いやベタつきからの卒業、おすすめの日本のデオドラント4選

デオドラントイメージデオドラント

「今、自分が汗臭くて周りに不快な思いをさせているんじゃないかと不安になる…」
「これから大事な商談なのに汗臭くては第一印象が悪くなり結果が出ないかもしれない…」
「冬でも暖房の効いた室内では汗ばんでしまい臭っているかもしれない…」

こんな悩みを抱えていませんか?その気持ちすごく分かります。

臭いは見た目と違って自分ではなかなか気づけないもの。

知らないうちに相手に不快な思いをさせてしまっていることも… その結果、仕事やプライベートでの人間関係に亀裂が入るなんてこともあります。どれだけ見た目に気を使って清潔感を演出しても臭いで台無しなんてことにはなりたくありませんよね。

そこで本記事では清潔感に対する意識が高いと言われている日本人が愛用する日本のデオドラントの中から「これを選んでおけば間違いない!」というものを厳選しました。

日本のデオドラントの種類を知っていますか?

あなたは吹き出してくる汗に耐えかねてドラッグストアに駆け込みました。ところが、店頭では「制汗剤・デオドラント」と2種類の別の商品が並んでいるかのように見えて何を買えばいいのか分からない…

「同じ棚に並んでいるし、見た目も似ているのに何が違うんだろう?」と不思議に思うことでしょう。

結論から言うと、制汗剤とデオドラントの違いを気にする必要はありません。

制汗剤は汗を一時的に抑えます。デオドラントは雑菌の繁殖を抑えて汗の匂いを抑える効果があります。 ところが、現在は制汗剤にもデオドラント効果がありますし、デオドラントにも制汗作用があるので境界線は曖昧だからです。

逆に知っておいて欲しいのは、剤形の違いによる効果の違いです。

剤形の違いによって効果の持続時間などが違うので自分のライフスタイルに合ったものを選ばないと失敗してしまいます。「思ったのと違う…」と後悔しないためにも簡単に理解しておきましょうね。

日本のデオドラントの種類は以下の5つです。

  1. スプレー
  2. ロールオン
  3. スティック
  4. クリーム
  5. シート

それぞれの違いを順番に解説していきます。

日本のデオドラントの種類①:スプレー

サクッと使いやすいのがスプレータイプの特徴です。

例えば、通勤時はオフィスに入る前にサッとスプレーをすればOK。使い心地はクールでベタついた肌をサラサラにしてくれるものが多いのも特徴です。

ただし、持続力は高くありません。また香りも非常に種類が多いので購入する前には店頭で必ずテスターを使って好みの香りかチェックしておきましょう。

自分が使うシーンに応じた香りを選んでおくのが良いでしょう。

日本のデオドラントの種類②:ロールオン

ロールオンタイプのメリットはムラなく塗れることです。また粉っぽくなったりしないのも特徴ですね。

デメリットは液体タイプなので乾くまである程度時間がかかってしまうことです。塗ってすぐに服を着るとシミになるので気をつけましょう。

日本のデオドラントの種類③:スティック

スティックタイプはスティックのりのように固形になった制汗剤を肌に塗るタイプです。ロールオンのような使い心地とクリームタイプ並みの密着力がメリットですね。

ただし、乾いた時に白残りしたりすることもあるので注意しましょう。

日本のデオドラントの種類④:クリーム

クリームタイプは密着力に優れています。そのため持続力が高く、他のタイプでは十分なデオドラント効果を得られない人はクリームタイプを選ぶようにしましょう。

容器はジャータイプなので自分で塗る量を自由に調整できます。外出時など汗をたくさんかく時には多めに、室内など汗をあまりかかない時には少なめにとTPOに応じてコントロールできるのもメリットですね。

ただし、ジャータイプは持ち運びには向いていません。

日本のデオドラントの種類⑤:シート

かいた汗を拭き取ってサッパリしたい時にはシートタイプがおすすめです。

通勤後、休憩中などロッカールームやトイレで手軽に使えるのはありがたいですよね。フレグランスの種類もクール系からアロマ系まで豊富でシーンに応じて使い分けるのもおすすめです。

これだけ知っておけば間違いない、おすすめの日本のデオドラント

日本のデオドラントの種類が分かったところで、おすすめの日本のデオドラントを紹介していきます。

新商品が出ては消えていく厳しいカテゴリの商品の中から人気を維持している商品に絞り込みました。

おすすめの日本のデオドラント①:デオナチュレソフトストーンW

デオナチュレソフトストーンWは7年間もの間スティックタイプのデオドラントで売上No.1を誇るロングランの日本のデオドラントです。

無香料・アルコールフリーなので敏感肌の人にもおすすめですね。 化学的な成分に抵抗があり、少しでも自然に近いものをお求めの人にもピッタリなのもポイントです。

その秘密は有効成分にあります。 デオナチュレソフトストーンWの有効成分は「焼ミョウバン」です。焼きミョウバンとはミョウバンを乾燥させたものですが、実はミョウバンは食品添加物としても使われるのでお肌に使っても安心なのです!

自然派志向の人はデオナチュレソフトストーンWがおすすめの日本のデオドラントですよ。

おすすめの日本のデオドラント②:デオコ

デオコはロート製薬から販売されているデオドラントです。最近発売されたばかりですが、大ヒットを記録した商品なんです。

ロート製薬の研究によると「年齢を重ねるごとに女性のからだのニオイに変化が起きる」とのことで、デオコはまさにこのニオイの変化に対応できる最新のデオドラントなんですよ。

年齢を重ねていくと残念なことに若い頃の甘い香りが減少していくわけですが、デオコはこの若い頃の香りを含んでいるデオドラントなのです!

仕事、家事、育児と毎日頑張っている大人女性の清潔感を徹底的にサポートしてくれます。 ボディーソープも発売されており、人気が高いので合わせて使ってみるのもおすすめです。

おすすめの日本のデオドラント③:ビオレさらさらパウダーシート

ビオレさらさらパウダーシートは花王から発売されているシートタイプのデオドラントです。

花王独自の「皮脂クリア処方」が汗でベタついた肌を清潔にしてニオイのもとになる皮脂も落としてくれます。使い心地もよく、「透明さらさらパウダー」が肌を長時間さらさらに保ちますし、白残りを気にする必要もありません。

香りのラインナップも豊富で香りが長続きするように設計されているのでダレがちな夏には気分転換にもピッタリですよ。

おすすめの日本のデオドラント④:エージーデオ24

エージーデオ24は資生堂から発売されているデオドラントです。

エージーデオ24の前身はエージープラスなのですが、2001年の誕生から2018年までの間に累計出荷本数は2億本を超えているほどのブランドです。

スティックタイプなど様々なタイプが揃っているのですが、イチオシはスプレータイプです。 シルバーの余計な装飾が一切ない洗練された涼し気なボトルが特徴的です。

優れているのは見た目だけでなく、実力も兼ね備えています。 持続時間は長く、殺菌成分がしっかり密着してニオイ菌が繁殖するのを防ぎます。しかも汗で流れにくいので何度も使う手間もいりません。

スプレータイプで迷ったら、エージーデオ24を選びましょう。

日本のデオドラントを使って第一印象を上げちゃおう

暑くなれば汗が出るのは仕方のないこと。汗をかかなければ体温を調節できません。

しかし、それと清潔感の維持はまた別の話ですよね。頭では汗をかくから仕方ないと分かっていても不快なニオイを感じれば反射的に避けたくなります。 逆に清潔感のある香りをまとっていれば好印象で人間関係にもいい影響があることでしょう。

今回の記事で紹介したおすすめの日本のデオドラントを使ってワンランク上の清潔感を演出しましょう!

タイトルとURLをコピーしました