【お肌の研究で悩み解決】40代の肌を徹底解剖!

40代肌イメージスキンケア

40代のあなたがはじめる基本のお肌のお手入れとは

40代のお肌のお手入れは、30代と同じままというわけにはいかず、新しく取り組む気持ちでケアをはじめることが大切です。保湿ケアは40代になってからも重要ですが、その重要度が30代と比べ物にならないので、特に重点的に取り組む必要があるといえます。また、30代の時に疎かになっていた人も遅くはありませんから、手遅れと考えずに今からでも保湿ケアをはじめることをおすすめします。
洗顔料はお肌に負担がかかりにくいものを選び、しっかりと泡立てて泡で汚れや皮脂を包み込むように洗います。お湯はぬるめの設定で、過剰に皮脂を洗い落とし過ぎないことがポイントとなります。洗顔を終えたらタオルで水滴を拭き取り、あまり時間をおかずに化粧水や乳液、クリームなどで水分の蒸発を防ぎましょう。
40代にとって本当に大事なお肌のお手入れは、保湿とセットで行うエイジングケアです。エイジングケアは肌細胞に栄養を与えたり、コラーゲンなどの成分を補う内容が中心です。お肌の内側に活力を与えるイメージで、内面から40代という年齢に負けないケアをするのがコツです。それと40代はお肌のたるみや目元、口元の小ジワが気になってくるので、マッサージをしてハリやツヤを引き出すのもお手入れの1つです。
ただ、無闇にお肌に触れると負担になってしまうので、あくまでもケアをする時に正しい方法でお手入れをすることが必要です。マッサージの際にはクリームやジェルを使い、優しい力加減で皮膚を伸ばしたり血行を促進していきます。この時に大切なのは、変化や効果を焦るのではなく、心地良さに意識を集中してリラックスすることです。
40代のお肌にとって乾燥対策は大事ですが、紫外線対策も同等かそれ以上に重要です。紫外線は主要なダメージ源で、屋外に出れば必ずと言って良いほどダメージを受けることになります。屋内でも窓際だと少なからずダメージが発生しますから、こういう場所を避けることも大事です。外出の際にはUVカットのアイテムなどで対策をすること、1日の終りには回復に向けた保湿や栄養補給などのケアが不可欠です。

40代でも肌がきれいな人がいる理由とは

40代の女性の中には、肌の綺麗な人がいます。肌の綺麗な人には、共通した習慣があるでしょう。40代でも肌が綺麗な人の特徴は、まず十分な睡眠をとっていることです。一般的に、6時間以上睡眠をとっていれば、体は綺麗な状態を保つことが可能です。ただ、場合によっては6時間未満の睡眠が続くこともあるかもしれません。この場合には、食事制限をすることで肌の状態を整えることも可能でしょう。
食事制限をするといっても、1日中何も食べないのではなく、寝る3時間ないしは4時間前は一切食べないことが大事です。いくら睡眠時間が長かったとしても、眠る直前に食べてしまうと胃が消化をしているため睡眠が浅くなってしまう傾向があるわけです。そのため、8時間ほど眠ったとしても十分な睡眠をとることができずそれがストレスになり、肌荒れにつながります。このように、睡眠と食事の関係を意識することで綺麗な状態を維持することができるでしょう。
次に、可能な限りストレスをためないことです。人間がストレスをためる場面は大きく分けて2種類あります。1つは、自分の思い通りに人が動いてくれないことです。例えば、職場で部下に仕事を頼んだのに終わらせてくれなかった場合や、いい加減な仕事をしていた場合です。このようなときには、ストレスが溜まる傾向があります。もう一つストレスが溜まる理由は、相手が余計なことをした場合です。やらなくていいと言っているのにやってしまった場合などは、相手に対して不満を感じるようになりそれがストレスになります。裏を返せば、この2つをうまくコントロールすることができればストレスを溜めずにきれいな肌を維持することが可能です。
それ以外では、定期的な保湿は重要です。特に、12月から3月にかけては空気が乾燥する傾向にあります。この時、自宅の部屋で加湿器をつけることや顔に保湿剤をつけることでみずみずしい肌を実現できます。毎日欠かさずに保湿をすることが大事です。

エステや注射が必要?40代の肌トラブルを知ることで未然に防ごう

40代には40代の肌トラブルがあると知ることで、未然に防ぐことができるようになります。いざとなればエステや注射をすれば良いと安易に考えがちですが、肌トラブルは未然に防げますし、何より回避することが大切だといえるでしょう。
40代で多い肌トラブルといえば、乾燥による小ジワの増加やハリと弾力の低下です。小ジワは特に口周りや目元に生じやすいので、ここを重点的にケアすることが大切です。また、ハリや弾力低下の問題は細胞の老化と、老化による機能の低下が引き金になります。つまり乾燥防止の保湿も大切ですが、一方では細胞に栄養を与えるケアも必要になるわけです。
いわゆるターンオーバーの遅れが40代の肌トラブルに大きく影響するので、ターンオーバーの乱れを防ぎたいところです。

エステは肌細胞に刺激を与えて活性化を促す1つの方法ですが、時間やコストが掛かるのがネックです。その為、普段のケアに加えて定期的に施術を受けるようにすると、無理なく続けることができます。
注射もトラブル回避の有効な手段ですが、クリニックの施術は高額な傾向で、根本的な問題の解消にはならないものです。勿論、いくらケアをしても気になる肌の問題が解消しない、そういう時の答えになる可能性はあります。高額な施術は頻繁に何度も受けられるものではないので、最後の切り札的に取っておくのが正解です。
市販の商品を使った肌ケアでも、トラブルを回避することはできますし、トラブルが発生しても長引かせずに済みます。近年は、幹細胞の研究から生まれた商品が充実しているので、従来の栄養補給に留まるケアと比べてかなり進化しています。当然ながら栄養補給はケアの基本で言うまでもなく大切ですから、併用する形で肌をいたわってあげるのがベストです。
40代は30代やそれ以前に受けたダメージが表面化しやすい年齢なので、新たに受けるダメージを減らすことも大事です。たるみやシミも目立ち始めますから、30代以上に引き締めや紫外線対策に取り組む必要があります。

まずは40代のお肌のことを知ってください

40代はそれ以前と比べて、肌質が大きく変わる曲がり角ですから、対策をする為に知識を得ることが大切です。20代から30代に掛けて一気に増えるシミやそばかすの悩みに対し、40代では小ジワやたるみの悩みが表面化する傾向です。
若い頃はニキビやできもの、毛穴の黒ずみ程度で済んでいた悩みが、30代以降には対処の難しい悩みが台頭してきます。30代のうちにシミやそばかすをケアしないと、40代で小ジワなどの悩みも加わり大変なことになります。
更にこの傾向は40代後半から50代に入っても続きますから、年代別の肌の悩みを理解して先手を打つことが大事です。
40代の肌は紫外線のダメージを受けやすく、ダメージ量が30代以前と比較して加速度的に増加します。
ターンオーバーの遅れに加えて、新たに受けるダメージが増えるわけですから、30代と同じ肌ケアでは到底回復が追いつかないでしょう。それから年齢による女性ホルモンの減少が起こるので、コラーゲンが減って弾力が落ちます。その結果小ジワが目立ちやすくなり、たるみの悩みも気になり始めます。
コラーゲンの減少は肌の厚みにも影響するので、肌が薄く乾燥に弱くなります。つまり、乾燥肌が加速して余計に小ジワが目立ったり、回復が妨げられてダメージが蓄積していきます。40代で絶対に避けるべきなのは、メイクをしっかり落とさずに寝てしまうことです。
睡眠は細胞が回復する絶好のチャンスですが、メイクが残っていると負担になるので、面倒でも落とさずに眠るのは厳禁です。また過度な飲酒や喫煙も肌に負担が掛かりますから、控えたり程々にするのが良いでしょう。
細胞の材料になるのは結局のところ栄養素なので、体に良いものを積極的に摂りたいです。ジャンクフードは栄養の偏りが大きく、必要な栄養素が足りないので避けるのが正解です。
40代は外側だけでなく、内側と両方から体をケアする必要があるので、外からケアをしていれば十分と考えるのは間違いです。

40代の肌のきれいな人と汚い人の差とは

40代にもなると、肌のきれいさも若かった頃よりは衰えていくものと思われがちです。そして多くの人は、その通りになっているのが現状ですが、中には若いころの肌のきれいさを維持している人もいます。では、40代の肌のきれいな人とそうでない人、つまり汚い人との差は何なのでしょうか。大きく考えられるのは二つです。一つ目は「危機管理能力」の差です。若いころというのは、そんなに肌の手入れに気を使わなくても、ある程度はそのきれいさを保つことができます。しかし、年齢とともに肌のハリやツヤといったものは失われていきます。そのため、常日頃からの肌の手入れを行うというのはとても大事です。例えば、紫外線が強そうな日には日焼け止めを塗ったり、夜更かしをせずにしっかりと睡眠をとるといったことを意識するべきと言えます。
そして二つ目は「食生活」の差です。人間の体は、当たり前ではありますが、摂取した食材によって構築されています。そしてそれは、肌も例外ではありません。そのため、日々の食生活はかなり重要です。例を挙げるとするとジャンクフードの食べすぎや過度な外食などは、体内環境を劣化させる一因となります。また、逆に緑黄色野菜を毎日欠かさず摂ったり、水分をこまめに摂取することで、体の調子を整えることができます。また、キウイやグレープフルーツなどのビタミンCが豊富な食べ物をとることもおすすめです。ビタミンCには抗酸化作用があるので、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制することができます。
さらに、ビタミンCは食べ物やサプリなどから体内に取り込むだけではなく、化粧品などを通して、外部から直接塗る方法も効果的です。以上に紹介した二つの差というのは、どちらも日々の生活様式を意識して少し変えれば、誰にでも改善の余地があります。そのため、40代の肌のきれいな人と汚い人の差は大まかにいうと、日々の意識の差と結論づけることができます。

40代の肌におすすめの基礎化粧品

40代になると、20代や30代の頃よりも皮脂量が大幅に減ってしまいます。皮脂には様々な役割がありますが、皮膚の表面に膜を作る役割も持ちます。皮膚の表面に膜があると、水分の蒸発を防ぎ乾燥から肌を守れます。
肌の潤いを守るには、水分に加えて適度な皮脂も必要になります。肌が乾燥すると皮膚が厚くなり、バリア機能が低下するので外部の刺激を受けやすいです。紫外線のダメージが肌に残ってしまうと、シミやシワの原因になります。
40代になると肌が乾燥しやすくなるため、保湿力の高さが化粧品選びの重要なポイントです。
高保湿成分の代表はヒアルロン酸とセラミド、コラーゲンでエイジングケア化粧品の多くに配合されています。バリア機能が低下した肌は敏感になっているので、できるだけ低刺激性の化粧品を選択します。
エイジングサインが出やすい40代の肌は、シミやシワなど悩みに対応した化粧品選びも大切になります。シミなどの色素沈着に悩んでいる場合は、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどの美白成分に注目します。国内外の化粧品メーカーは、年代に合わせて様々な化粧品を販売しています。40代の女性だと、エイジングケアシリーズの人気が高いです。
美肌の土台を作るためには、毎日のスキンケアが重要になります。
自分に合う基礎化粧品を使ってケアを続けると、長く健やかな皮膚を保てます。デイリーケアではエイジングケアと保湿ケアに力を入れ、クレンジング剤や洗顔料は保湿力があり刺激の少ない製品を選びます。
洗顔時は強く擦らず優しく洗い、化粧水は力を入れずに顔全体に優しく馴染ませます。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど保湿力が高い化粧水を馴染ませたら乳液やクリームで油分を補います。エイジングサインが気になる部位は、専用の美容液や集中パックを使ってケアします。シミが気になる場合は美白有効成分が含まれている美容液やマスクを使用し、シワが気になる場合は徹底した保湿ケアを行います。

タイトルとURLをコピーしました