【お肌の研究で悩み解決】30代の肌を徹底解剖!

30代肌イメージ30代の肌

30代のあなたの肌はこの先どうなるのか、平均的な水分量と対策

人体の肌が有している水分の量は40%もしくは50%が平均的であり、40%もしくは50%であれば水分の量と油分の量が両立している状態になるため、美しい見た目になるのはもちろんあらゆる肌トラブルなどにも強い様子になれます。
そのように理想的かつ標準的な平均値は40%もしくは50%であるものの、実際には30%または40%というように理想的な数値よりも少し低めに推移している方も稀有ではありません。
肌が持つ水分の量が本来よりも少なくなってしまうと乾燥状態が顕著になるのはもちろん、油分の量の方が上回ってしまう事によってインナードライに見舞われる可能性も高まります。
肌が持っている水分の量については見た目や指通りなどの印象で感じる事ができますが、具体的な量を把握したい時にはスキンチェッカーというアイテムを使用すると明瞭化できます。
スキンチェッカーを使用して具体的に知る事ができれば、より良いタイミングでスキンケアができるようになりますし、アイテムなどを使用した際に生じた変化を逐一把握しながら柔軟な対応が可能になります。
水分の量が減少してしまう理由は様々ですが、取り分けて強い意識を向けていても減少してしまうのが年齢を重ねていく事であり、年齢により減少するのはセラミドとヒアルロン酸といった保湿に関して直接的に機能している成分が減るためです。
セラミドとヒアルロン酸は生まれた時から少しずつ減り続ける特性がありますが、30代を超えたタイミングから減るペースが著しく速くなるので、年齢が高まると肌の乾燥も気になりやすくなります。
潤いを保ちつつこれまでよりも水分量を増やしていくには、日々繰り返し行う洗顔などを見直して優しいアプローチに切り替えたり、口にする食材なども見直す事が大切です。
さらに、保湿をする時には一度に多くの量を肌に与えるのではなく、忘れずに定期的に保湿をし続けるように心がけると、吸収できなかった分が蒸発してしまう事が防げます。

30歳を過ぎると肌はどうなっていくのか

30代は仕事と共に私生活に関しても充実した日々が送りやすくなるものの、充実した日々を過ごしていると常に心身が活発な状態であり続けるため、分泌される皮脂の量が増加します。
分泌される皮脂の量が増えると、排出されなかったり除去されなかった皮脂が毛穴の中に残り続けてしまうので古くなった皮脂が影響し、炎症を起こしてニキビが発生しやすくなります。
尚且つ、30代の毛穴に蓄積するのは皮脂のみに限らず古くなった角質も例外ではないため、古くなった角質が蓄積し続ける事によって肌の見た目や触り心地も変化します。
また、30代になると突出して目立ちやすくなる上に数が増えるものとして挙げられるのがシワであり、1本だけでも著しく見た目の年齢を高く見せてしまうきっかけになりますし、濃くて太いものが複数あれば尚更です。
そのように30代になるとシワが増える理由は、内部にて弾力性やハリを維持する働きをしているコラーゲンという物質が10代や20代に比べて減少するためです。
しかも、10代や20代でもシワは発生するものですが30代において特徴的なのは口周りや目尻、額など一見して見た目の年齢が高くなってしまう部位のコラーゲンが不足してシワに繫がる様子です。
さらに、いつも色が白い肌を目指しているのにも関わらず元来よりも黄色っぽくなったりくすみが気になる方も少なくなく、色に変化が生じるのは外部から加わる刺激が関係しています。
外部からの刺激として取り分けて多くの人々に馴染み深いのが太陽の光に含まれている紫外線で、紫外線を若い時に多く浴びていたり紫外線対策をしないで過ごし続けていると、30代になったタイミングで蓄積していた負担が表面化します。
そのような紫外線が関係して生じるものにほくろやイボがあり、ほくろやイボも30代を過ぎた時から目立ち始める変化で、特にイボは年齢を重ねた事によって肌の生まれ変わりのサイクルが遅くなるのが関係しています。

30代に多い肌トラブル【外部要因編】

30代に多い肌トラブルのひとつがシミで、シミは様々な要因で発生します。
紫外線を浴びると肌はダメージを受けシミやシワ、たるみなどの原因になります。紫外線は肌の老化に深く関わり、長い年月をかけて光老化が進みます。外出時に無防備に紫外線を浴びると、数年後から数十年後にシミが現れます。波長が短いUVB波は皮膚の細胞を直接攻撃し、DNAを傷付けてしまいます。UVB波を浴びると、体は細胞を守るためにメラニン色素を作り出します。
通常は、肌のターンオーバーにより作られたメラニン色素は体外へと排出されます。加齢やストレス、睡眠不足など様々な理由で肌のターンオーバーが乱れてしまうとメラニン色素が肌に残りシミになります。表皮の最下層には表皮細胞があり、皮膚の表面に上がると垢になって剥がれ落ちます。
ターンオーバーの周期は加齢により少しずつ長くなり、古い角質が表面に長く留まっていると肌のくすみに繋がります。
30代のシミ対策で重要なのが紫外線対策で日焼け止めや帽子、日傘などで紫外線をカットします。肌が乾燥するとバリア機能が低下して外部からのダメージを受けやすくなるので、保湿ケアも大切です。
乾燥はターンオーバーの乱れに繋がり、メラニンがスムーズに排出されないと色素沈着が残ってしまいます。
毎日のスキンケアで保湿を徹底すると、シミの発生リスクを抑えられます。外的要因でシミができてしまった場合は、メラニンを抑えてシミを薄くするビタミンCの摂取が効果的です。
抗酸化作用を持つぴらセンタも美白作用があり、シミを薄くする効果が期待できます。
ビタミンCやビタミンA、ビタミンEは強力な抗酸化作用があるので一緒に摂取すると相乗効果を得られます。
毎日のスキンケアでは、保湿と美白を強化したスキンケアを行うとシミ対策になります。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど保湿力が高い美容成分に加えてビタミンC誘導体やプラセンタなどの美白成分も含まれる化粧品が人気を集めています。

30代に多い肌トラブル【内部要因編】

女性は15歳頃からホルモンの分泌が活性化して、身体全体がふくよかになっていきます。髪の毛は羽毛のように艶のある毛質となり、肌はきめ細やかで水をはじくようになります。25歳頃が女性ホルモンの分泌が最高点を記録し、もっとも成熟している年代といえるでしょう。この年代が出産をするのにも理想的と言われますが、30歳を過ぎると一気に分泌量が減ってしまいます。日本産婦人科学会が2010年に調査をしたところ、21歳と35歳とでは約60パーセントものホルモン量の差があったほどです。もっとも顕著になるのが肌であり、吹き出物ができる年代でもあります。この肌トラブルは30代の頃であれば、まだ基礎化粧品などを使うことで避けることが可能です。さらにサプリメントを服用して、ビタミンCとBやアミノ酸、コラーゲンを補うと良いでしょう。ホルモンの分泌をうながすのに効果的なのが、鉄分と亜鉛です。これらはサプリから補うのではなく、食べ物から摂取をするのが理想的です。その理由は、身体が栄養素を吸収する能力を維持できるように導かないといけないからといえます。サプリメントは効率よく、目的としている栄養をピンポイントで吸収できます。しかし、本来は食べ物から摂取をするものであり、胃や腸の動きを鍛えるには消化能力を高めないといけません。便利ではあるものの、日頃の食事で摂り難い成分だけに限定をするといいでしょう。30代はまだまだ若い年代です。お肌のトラブルがあらわれたとしても、少しの努力でそれを克服することは可能になります。肌荒れや吹き出物などであれば、眠る前にしっかりと美容クリームを使用して肌を休ませれば、20代の頃の状態も保てます。そして、しっかりと必須栄養素を摂りましょう。

30代もずっとキレイに肌を保つためのお手入れの順番

30代に入ると乾燥がひどくなり、お手入れの差が如実に現れてきます。そこで役に立つ効果的なお手入れの順番を示します。
まずクレンジングで、リップカラーやマスカラなどを落とします。専用のリムーバーを持っている場合はそちらを使ったほうが簡単かつ確実に落とせます。コットンを使い、丁寧に落としていくと肌やまつ毛にダメージを与える心配がありません。続いてクレンジングのオイルやクリームを手に取りお化粧を落としていきます。メーカー推奨量が基本ですが、新しい製品を試す場合などは気持ち多めにすると、スムーズにいきます。洗う順番は皮脂が多いTゾーンからで、力を入れずに円を描いて落としていきます。それからぬるま湯でしっかりとすすぎます。ここでも力を入れてこするのは厳禁で、ぬるま湯を顔につけるイメージで行います。
次は洗顔料を使いますが、しっかり泡立てることがポイントです。泡立てネットなどを使ってもいいです。とにかく肌をこすらずに、泡で洗うことで肌本来の力が発揮されます。こちらもTゾーンから洗って、全体がきれいになったらしっかりすすぎます。最後に清潔なタオルで優しく水気を拭き取って洗顔終了です。
洗顔後はまず化粧水です。500円玉程度を基準に、手のひらで包むようにして浸透させます。潤っていればいるほどいいと思われがちですが、浸透する量は限られています。重ねて塗るのは乾燥するところだけでいいでしょう。
次のステップは美容液ですが、こちらも手のひら全体を使って包むようにしてなじませます。美容液の効果が特に出てほしいところは、重点的に行うのが賢明です。美白に特化したものであれば、くすみが気になる部分に繰り返しなじませていくのです。
最後に乳液あるいはクリームです。もっとも油分が多い基礎化粧品ですから、乾燥しやすいところに重点的に塗ります。逆に皮脂が出やすいところに塗りすぎると、テカリがひどくなります。量を制限して、バランスをとりながらなじませていくのが得策です。

30代の肌におすすめの基礎化粧品

30代はシミや小ジワなど、栄養を摂ってよく眠るだけでは解消しない肌トラブルに遭遇しがちです。
何かと気になる30代の肌におすすめなのは、ケアを行う為の基礎化粧品です。肌ケアの基本といえば洗顔ですから、メイクを落とすクレンジングと洗顔料をおすすめします。
メイク落としが不十分だと、毛穴に汚れや古い角質が残って肌トラブルの原因になりますから、クレンジングでしっかり落とすことが大切です。また洗顔料は泡立ちが良く、なるべく負担のかかりにくいものを選んで使いましょう。洗顔料は毎日使うものですから、使い方だけでなく選び方も重要になってきます。
クレンジングや洗顔で避けられないのは肌の乾燥ですが、化粧水があれば枯れた砂漠に潤いが戻ります。
化粧水はヒアルロン酸やセラミドなど、肌の保水力や弾力を保つ成分を配合するものがおすすめです。
少し使い過ぎくらいで丁度良いのが化粧水ですから、出し惜しみせずにしっかりと水分を与えましょう。
水分を与えた後は蒸発を防ぐ必要があるので、乳液を使って更に美容液で仕上げます。
乳液は肌の蓋のような役割を担う基礎化粧品で、乾燥肌の30代にとっては特に重要です。それから、乾燥状態における外部からの刺激を軽減する効果もあるので、乾燥すると痒くなってくる場合にも有効です。油分が多くてベタつきを感じるのが乳液のイメージですが、サラッとしたタイプもありますから、ベタベタが苦手でも大丈夫です。
美容液は水分を補う化粧水、乾燥を防ぐ乳液に加えて栄養を与える役割を担います。美容液がおすすめなのはハリの低下やくすみが気になる30代で、目的に合わせて選ぶことができます。
このように、30代は複数の基礎化粧品を組み合わせてケアすることが不可欠なので、1つ1つ合うものを選んでお手入れに取り組みましょう。
悩みが明確なら基礎化粧品選びのハードルは下がりますし、目的別に商品を絞り込めますから、選ぶべき商品は自ずと見えてくるはずです。

考えたくない!30代でシミができたときのおすすめの対策クリーム5選

女性が30代を過ぎると肌の老化が始まり、人によっては紫外線の影響で顔にシミができることがあります。シミが出来てしまった時のおすすめのクリームを5つご紹介します。
【ロート製薬メラノCC】
これはオンライン通販などで簡単に入手できるシミ対策クリームで、お肌のターンオーバーを整えたりシミの原因であるメラニン(色素)の生成を抑える効果が期待できます。配合されているビタミンC誘導体により、紫外線の影響で炎症を起こした皮膚を鎮静化させてくれます。
【VELUS HQ White Cream】
「お肌の票薬剤」と呼ばれるハイドロキノンはシミの原因であるメラニン色素の生成を防いだり、分解する作用が強い成分として知られています。この製品には高濃度のハイドロ機能が配合されていて、シミができてしまった場合でもお肌を白くしてくれます。
【アンプルールコンセントレートHQ110】
こちらの商品は夜の間に集中的にケアしたい方におすすめで、独自技術のマイクロカプセルに閉じ込められた「新安定型ハイドロキノン」が肌の奥深くまで浸透することでシミの原因であるメラニンを還元・分解してくれます。お風呂上がりにこのクリームを付けてから寝るだけで、就寝中にスキンケアができるという優れものです。本製品は有効成分がカプセル化されているので、低刺激性で副作用が少ないという特徴があります。
【CELLNIS(セルニス)薬用ホワイトセラム】
こちらの商品は有効成分の酵素チロシナーゼ活性阻害作用により、肌に沈着してしまったメラニンの還元・分解作用が期待できます。さらに色素の生成を防ぐ働きもあるので、シミの予防効果もあります。
【コスモプロダクツ・プラセンタの白肌クリーム60g】
国産プラセンタが配合されているこちらの商品は、シミ対策に加えてアンチエイジング対策ができるという特徴があります。有効成分のプラセンタには血行促進作用・抗酸化作用・線維芽細胞増殖作用が期待されており、肌のハリや弾力回復や小じわ対策にもおすすめです。

30代の肌の悩みで多いキーワードランキング

30代になると、さまざまな身体的な問題が出てきます。女性の中では、肌に関して気にする人が多いかもしれません。肌の悩みの中で多いキーワードランキングを見ていくと、一番メタリックはシワになります。人間は、年齢とともにシワが出てきますが特に30代の半ばから40台近くになるとシワが増えていく傾向があるわけです。シワができやすい部分の1つは、目の周りになるでしょう。シワができる理由は、昔に比べて筋力が落ちてきているからです。表情筋と呼ばれる顔の筋肉が落ちている場合には、肌がたるんでしまい結果的にそれがしわとなって現れます。もしこれを防ぎたい場合には、定期的にマッサージや表情筋を動かすことが大事です。
次に、シミも30代の肌の悩みに関するキーワードの1つです。シミができる理由はいくつかありますが、紫外線が大きく関係しているとされています。紫外線とは、太陽光の中に含まれているもので、通常太陽光以外でなかなか作り出すことができません。太陽光は制限することが難しいため、自分自身が太陽光に当たらないように工夫することが重要です。特に、夏場に日焼け止めをせずにプールや海に行く場合は、将来的にシミになる可能性があります。顔の中でも、目の周辺などはシミになりやすく目立つ部分でもあります。
3番目のキーワードは、たるみになるでしょう。たるみはシミと同じように、表情筋が緩んでしまった場合になりえます。表情筋の筋肉を鍛えることで、たるみを防止することができるでしょう。ただそれとは別に、体脂肪が増えたことによりたるみが出てくる可能性があります。特に顔に関しては、体脂肪が増えていき顔に無駄な脂肪がついていくと、それがおもりとなり下に向かって重力が働くことになるわけです。結果的に、肌のたるみになりやすいといえます。
それ以外には、乾燥肌なども挙げられます。特に、油分をあまり摂取していない人は、適度に摂取をするとよいかもしれません。可能な限り、湿度の高いところにいることも大事です。

急なお出かけでも大丈夫!30代のあなたの肌シミをカバーできるファンデーション

30代になればシミが出てくることは珍しくありません。しっかりと隠せる優秀なファンデーションを利用して、美しい肌を手に入れましょう。
1つめはコンシーラー並の効果がうたわれているファンデーションです。20グラム1500円程度のパウダータイプが多くあります。大手化粧品会社のこの手のロングセラー商品は、カバー力に定評があります。
2つめはサラサラしたリキッドファンデーションです。滑らかな使い心地で、肌に吸い付くような感覚があります。そのため伸びやすく、自然にシミを隠してくれます。UVカット効果を含んでいることも多く、既にできてしまったシミを隠しながら新しいシミを予防することが期待できます。
3つめは皮脂コントロール機能に優れたリキッドファンデーションです。塗った直後にシミが隠れるのはもちろんのこと、脂性肌の人でも化粧崩れが起きにくいから、夕方くらいからシミが目立ち始めるリスクが低いです。テカリが気になる人にもおすすめです。
4つめは光の効果で、美白に見せるファンデーションです。このタイプはシミを隠すために厚めに塗っても、自然に見えることが魅力です。光の効果で透明感が感じられ、色ムラも少なくなります。30代の肌の悩みに効果的です。
5つめはミネラル成分100パーセントのタイプです。シミが気になるけれどもそれ以上に敏感肌で悩んでいる人におすすめです。UVカットやスキンケア効果もありながら、肌に優しくサラサラした使い心地です。パフではなくブラシを使うのが一般的で、慣れたら立体的な仕上がりにすることも可能です。高価な製品にはシミ隠し効果が高いものもあります。
6つめはねり状といわれることもある、固形タイプのファンデーションです。美容液や乳液などの効果を兼ね備えていることが多く、しっとりとした仕上がりになります。気になる部分に密着するフィーリングがあるから、安心感が得られます。シミだけでなく、毛穴やシワに効果的です。

タイトルとURLをコピーしました