40代におすすめのファンデーションとは?

40代ファンデーションクッションファンデーション

こんな私でも大丈夫?40代の肌の悩みは様々!おすすめのファンデーションとは

40代になると20代など若い世代とは肌の悩みも変わってきますが、なかでもファンデーション選びが難しくなると感じることも少なくありません。

長年使用しているファンデーションのノリが悪くなったり、以前は綺麗に隠すことができたシワやシミなどが隠れなくなったり、年齢を重ねることで肌のたるみが気になるなど、40代の肌の悩みは様々です。

年齢を重ねても気になるシワなどが目立たなくなるようなファンデーションを選ぶには、特有の肌の悩みを解消する成分などが配合されているものを選ぶことがおすすめです。
また、紫外線はシミができる原因にもなるため、年齢を重ねた肌には紫外線対策も必須になります。

若い頃は毎日にようにしっかりとメイクを施すことは必須と考えることはありますが、40歳を過ぎるとメイクも面倒に感じるなどでスキンケアだけしっかりを毎日行っても下地やファンデを塗るなどメイクはしないという場合もあります。

ファンデーションには肌を綺麗に見せるという大きな役割もあり、肌を綺麗に見せるために塗っている場合が大半と考えられますが、実は肌を紫外線や埃、アレルギー物質など外敵から肌を守る役割もあります。

また肌の乾燥も進むため、潤い成分が配合されているタイプを選ぶことで、保湿成分を補給しながら終日潤いのある肌になることも期待できます。

ファンデーションの種類はいくつかるので、自分の肌のタイプに合ったものを選ぶことが良いでしょう。

パウダーは、誰でも簡単に塗ることができ、肌の皮脂や汗にも強いです。
リキッドは水分が多く含まれているため、保湿効果がありカバー力も強いです。
クッションは自然な仕上がりが特徴的でツヤがあり保湿効果も期待できます。
クリームはカバー力が強く、保湿力もあるので秋から冬にかけての使用がおすすめです。
ミネラルは転園鉱物などを使用しているので肌への負担が少なく、
BBクリームは1本でメイクを完結でき、
CCクリームは肌補正を目的として、
スキンケアの効果や日焼け止め効果などがあるタイプです。

種類はいくつかありますが、乾燥やシミ、シワやたるみなどが気になる40代にはカバー力があり、水分が豊富なクッションタイプやリキッドタイプがおすすめです。

塗った時に厚塗りになりやすいタイプは、老け顔に見られることもあるので、乾燥やシミなど年齢の悩みにあった成分などが配合されているタイプを選ぶようにします。

のびの良いリキッドファンデーション

リキッドタイプは、液体状で滑らかなので肌の上でのびが良いのが特徴的です。
気になるシミなどを隠すためのカバー力も適度になるので、ツヤがあって自然な仕上がりになります。
パウダータイプを使用してもリキッドタイプは使ったことがない初心者でも、簡単に使うことができます。

40代はあまり知らない?薄付きで自然にカバーできるクッションファンデーション

クッションタイプは、知らないという40代もいる可能性がありますが、クッションタイプはみずみずしい仕上がりになり、薄付きの仕上がりになるのでシミなど気になる部分に重ねづけでき、自然にカバーすることが可能です。
クッション用の専用パフを使うので手早く仕上げることができるので、時短メイクや化粧直しの際にも最適です。

20代や30代で使用していたパウダータイプを使用していると、以前は気にならなかったシミやシワなどが隠れなくなり、厚塗りをすることで逆に老け顔になってしまうことがあります。

年齢を重ねることで肌のたるみが気になったり、肌が乾燥するようになるなど40代になってから肌の状態が変わることが考えられます。
若い頃は問題なく使っていたものでも肌の状態が変わることで会わなくなることもあるので、シミやシワなどの肌の悩みをカバーできたり、乾燥に効果が期待できるタイプなど、自分の年齢に合ったファンデーションを選ぶことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました