50代におすすめの効率のいいファンデーションとは

50代ファンデーションファンデーション

50代におすすめのファンデーションの概要と特徴とは

女性はいくつになっても、美しい姿を維持したいものです。
しかし、30代を過ぎたころから顔にシミやソバカス・シワが目立ち始めます。
多く女性がこの悩みを抱いており、如何にしてそれらを隠せるのかと思案をなさっていることでしょう。
女性の場合は若い頃からメイクをするという習慣があり、年齢によってあらわれるトラブル因子もメイクで解決することが可能です。
ここでは人生を謳歌してる50代におすすめのファンデーションの概要と特徴、使い方を詳しく解説していくので、参考にしていただけると幸いです。
まず50代だと、シミ・ソバカス・シワが顔にあらわれて当然といえる年代です。
お肌の曲がりかととも称される年齢であり、ここでしっかりとエイジングケアをすれば、60代を迎えたころでも若々しい姿を保てます。
用いるファンデーションはリキッドタイプで、昨今では10代や20代の方々からも支持をされてるアイテムです。
一般的に50代の方パウダーファンデを使用なさる方が多く、リキッドには抵抗を感じる方が多いでしょう。
このアイテムは美容大国・韓国で2010年頃に開発生産をなされており、今ではイギリスやフランス・アメリカの有名女優たちも愛用してるほどです。
自然な肌色から明るいカラーなど計20色という細かい商品で構成されていて、消費者の肌の色とマッチしているものを購入できます。
おすすめのカラーは自然な肌色で、日本人や中国人・韓国人といったアジア圏の女性に向いているものです。
商品はチューブタイプとコンパクトの2種類で構成されていますが、扱いやすいのは後者です。
白粉と同じようなコンパクトに入っており、パフを使用して顔全体に塗ることができます。
ただし、このタイプの商品は最長でも1ヶ月で商品を使い切らないといけません。
その理由はファンデーションの水分がなくなってしまうからであり、リキッドタイプの唯一の弱点にも挙げられておるところです。
長期間使用したいという場合は、チューブタイプを購入するのも手です。
50代以降のシミ・ソバカスは色素が沈着しているため、ファンデーションを薄く塗る程度では目立ってしまいます。
綺麗に隠すためのワザをここで解説していきましょう。
それは一色だけのファンデを購入するのではなく、2色を混ぜて使用することです。
たとえば目元のシミだと色が濃いので、自然な肌色では塗ってもさほど効果はありません。
しかし、このシミに合わせたカラーだと顔全体に使用するには色が濃すぎるものでしょう。
この問題を解決するには、濃いファンデを明るい色で薄めるという方法をとれば解決します。
薄める時はメイクパレットを使用するのが理想的で、100円ショップ等で購入してきましょう。
あとは口紅用のブラシを使って混ぜ合わせればよく、指を使ってうっすらと延ばせば綺麗に仕上がります。
50代になるとメイクに時間が掛かるという悩みを抱いている方もいますが、リキッドは時短に努めることも可能です。
先ほど挙げたメイクパレットに1週間分のファンデーションのカラーを作っておけば、毎日パフを使って塗るだけで完了します。
このパレットは密閉性に長けているので、1週間程度であれば水分が蒸発することはありません。
お仕事がお休みの日に自身の肌にマッチしたカラーを作って保存をしておけばよく、効率良くメイクを施すことが可能です。
リキッドファンデーションは毎日使ってもいいように大容量で販売されています。
1個あたり30日分で約2,980円からあるので、コストパフォーマンスにも優れているといえるでしょう。
50代を明るくして生活に張り合いを持ちたいという女性には、おすすめできるアイテムです。

タイトルとURLをコピーしました