シミを消したい人の美容液の選び方、そしておすすめコスメ4選

シミ消したい役割シミ・シワ

シミを消したい人は紫外線を避けて美容液を多用する

長年にわたって紫外線にさらされるとシミやそばかすが目立つようになります。
色が薄いうちはファンデーションでカバーできますが、隠しきれなくなってくるときがやってきます。
鏡を見るたびにため息が出て、お化粧をする楽しみをなくす人も少なくありません。
その原因はメラニン色素の沈着ですが、それに直接作用できる美容液がありますから、自分の肌に合ったものを使うと改善します。

美容液にもさまざま種類があり、迷ってしまう人も多いでしょう。
選ぶポイントはシミ対策あるいは美白に特化したものを選ぶことです。
他にも保湿やシワなどに効くものがあり、欲張りたい気持ちになるのも当然です。
しかしシミを消したいなら、シミにフォーカスしたものを選ぶのが得策です。
どの製品にも得意分野があるからです。

シミを消したい人がよく手に取るビタミンC配合は注意が必要

色素に効く成分が多く入ったものがいいと思うでしょうが、注意してほしい点もあります。
よく含まれているビタミンCには、色素を薄くする還元効果があります。
ですが敏感肌の人は成分が合わずに、軽い痛みを感じることが珍しくありません。
試供品でチェックしたり、口コミを確認したりしてから購入するのが賢明です。

シミを消したい人向けにおすすめの美容液

おすすめコスメの1つが資生堂のHAKUです。

主な美白有効成分は4MSKとトラネキサム酸です。
色素が連鎖的に生成される根本原因アプローチするから、気になる箇所が薄くなっていきます。
さらに肌全体がワントーン明るくなるというレビューが目立ちます。
使用後の肌はしっとりなめらかで、乾燥が気になる人にも適しています。
クリームなどもあり、複数の製品を併用すると効果が期待できますが、コストは高めです。

2つめのおすすめはオルビスのリンクルホワイトエッセンスです。

この製品の特長はシミとシワの両方にアプローチできることです。
その理由はWナイアシンというどちらにも効果を発揮する成分を含有していることです。
この成分は水溶性ビタミンの1種です。
メラニン色素を生成するメラノサイトに働きかけるので、新しくできるシミを抑制します。
継続使用することで明るいトーンの肌となります。
シミに効果がある理由は真皮でコラーゲンが生成されるのを促すからです。
シミはコラーゲンの凹みが原因ですが、これを押し上げてシワを目立たなくします。
目尻や口元など目立つ部分に集中使用すると、大幅な印象アップに繋がる可能性があります。
化粧水とクリームの間に使うタイプなので、朝晩使用することも可能です。

3つめは花王のエストシリーズのG.P.エンリッチドセラムです。

カモミラETというカモミールから抽出した成分が含まれています。
シミを抑制するだけでなく、抗炎症作用もあり肌荒れからくる色素沈着に効果を発揮します。
この製品は肌が本来持つ能力を引き出す、という思想でつくられています。
洗顔やUVケアなども同じ思想でつくられたシリーズでコンプリートすることが可能です。
フローラルな香りともっちりとした使用感を高評価する声も多いです。
美白系のコスメはホワイトやシルバーのボトルが多いですが、情熱的なオレンジのボトルが印象的です。

4つめはワン・バイ・コーセーのメラノショットホワイトDです。

シミに効く成分は天然由来のコウジ酸です。
発生源であるメラノサイトに直接的に効くから、顕在化したシミも、将来のシミもどちらも根源から無色化できます。
乾燥や紫外線などで硬直化しつつある肌でも、角層まで届くから透明感のある肌に変化します。
さらに含有の酸化チタンには肌を白く見せる効果があります。
ですから、朝のお化粧前に使用することで全体的にクリアな印象にすることが可能です。
しっとりとした使用感ですが、伸びがよくベタベタしないので使いやすいです。
朝晩の使用を習慣化できれば、確実な改善を望めるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました