シミ取りクリームの効果のほどは?考察してみた

シミ取りクリーム効果シミ取りクリーム

シミ取りクリームの特徴や効果について

シミ対策に最適といわれているクリーム、これはシミ取りクリームと呼ばれることもあるケアアイテムです。
日中、屋外に出掛けることが多い女性にとって強烈に地球上に放たれる紫外線はシミやソバカスなどの原因になる光線、しっかり日焼け対策を行っていても100%防御できるものではないため、1日の終わりのケアで念入りにケアを行うことが良いといわれています。
シミ取りクリームには、美白に効果的とされる有効成分が配合されていて、メラニンの生成を抑制させたりメラニンの排出を促してシミを防御してくれる嬉しいケアアイテムです。
ただ、正しい使い方をすることがシミ取りクリームの効果に繋がりますので、一般的なフェイスクリームのように顔全体に塗るのではなく頬・目元などのような場所にピンポイントで使うのがコツです。

シミと一口にいっても色々な種類があるといわれており、シミ取りクリームでアプローチが可能なものは日焼けが原因で生じた老人性色素班と呼ばれるシミです。
ホルモンバランスが乱れるなどで生じてしまう肝斑、遺伝性による雀卵斑などは一般的な市販のコスメや化粧品では対策ができない、このような悩みは美容皮膚科などでの施術が良いといいます。
無理に、化粧品でケアをしようとすると症状が悪化してしまうこともあるなどからも注意が必要です。
なお、紫外線が原因で生じてしまったシミときれいに取り除いてくれるクリーム、これは選ぶときにいくつかのポイントをチェックすることが大切です。
そのポイントは、シミ対策に適している成分が含まれていることをはじめ、エモリエント効果の高いものや肌に刺激を与えるものが配合されてないもの、そして塗り心地が良く香りも派手さがないなど毎日気軽に使えるなどです。

4つのポイントはいずれも重要なものとなるわけですが、その中でも最初のシミ対策に適した成分が含まれいるか否かは効果そのものに繋がる部分です。
シミ対策では肌のターンオーバーの促進が重要なポイントになるわけですが、紫外線を浴びるとメラニンが皮膚内で発生することになります。
メラニンが含まれている細胞組織は、肌のターンオーバーで垢などと一緒に剥がれ落ちるのですが、加齢や食生活および生活習慣の乱れなどによりターンオーバーが乱れてしまうと。
メラニンは内部に蓄積されたままとなりこれが原因でシミを形成させることになるわけです。
メラニンの排出を助けてくれる嬉しい成分には、エナジーシグナルAMPやリノール酸S,レチノールなどが代表的です。
レチノールそのものは美白有効成分ではないけれども、肌のターンオーバーを促進させる作用がありますし、リノール酸Sはメラニン生成を引き起こす原因にもなるチロシナーゼの成熟阻害作用があるためこれらの成分が含まれるクリームが良いといいます。

透明度がある肌にしたい、このように考える人も多いかと思われますが、透明感を持つ肌にするためにはメラニンの社移出だけでなく、メラニンそのものの生成を抑える成分を利用してシミの予防を行うことです。
ビタミンC誘導体にはメラニン生成を抑制させる、メラニンを還元して淡色化する、肌のターンオーバーを正すなどの3つの効果を期待できる成分です。
紫外線による肌へのダメージは炎症がつきもの、シミ対策の中でも抗炎症成分が配合されているものを使えばダメージを最小限にできるメリットもあるわけです。
抗炎症成分には、グリチルリチン酸ジカリウム・グリチルレチン酸ステアリル・アラントイン・トラネキサム酸などがあるのですが、抗炎症作用が認められている商品は医薬部外品になりますので購入する際には医薬部外品であるのか否かなどの確認も大切です。

タイトルとURLをコピーしました