シミを消すクリーム?そんな魔法のようなクリームをおすすめしてみる

シミ魔法クリームシミ・シワ

シミを消すクリーム おすすめの選び方とは

シミができてしまうと気になりますし、なんとかしてケアしたいという人も多いでしょう。
若い頃はあまり目立たないこともありますが、きちんと対策をしなかった場合、年齢を重ねた頃にシミが目立つようになってしまうことになるのです。
シミの原因は主に紫外線と言われているため、日焼け止めクリームをこまめに塗ることが大切です。
紫外線は夏場に強くなるものですが、秋や冬などにも日差しは降り注いでいます。
シミを消す方法として、生活習慣の見直しやスキンケアといった方法もあります。
ですが、最も簡単にシミを消すなら専用のクリームを使うという方法が挙げられます。
シミを消すクリーム おすすめはいろいろありますが、どれでも良いというわけではありません。
シミを消すクリーム おすすめを選ぶ場合、まずは効果的な成分がきちんと含まれているかどうかを確認しましょう。
まずはターンオーバーを促進し、メラニンの排出をサポートする成分を選ぶべきです。
紫外線を浴びるとメラニン色素が多く発生してしまいます。
メラニン色素は肌のターンオーバーと一緒に剥がれ落ちるのが通常です。
しかし、加齢などでターンオーバーが遅れてしあった場合、そのまま肌の内部に残ってシミになってしまうのです。
ターンオーバーを促進する成分として、リノール酸Sやレチノールといったものが挙げられます。
シミのない綺麗な肌を手に入れたいという場合、メラニン色素の排出だけでなく、メラニンの生成を抑えることも大切です。
また、メラニン自体を薄くする成分も取り入れることがポイントです。
メラニンの生成を抑制するビタミンC誘導体には、メラニン色素を薄くする効果やターンオーバーを整える効果もあります。
シミができる前だけでなく、シミができてしまった後にも効果が期待できるため、積極的に取り入れていきましょう。
シミ対策には抗炎症成分も欠かせません。
抗炎症作用がある成分としてはトラネキサム酸などがあります。
この成分が入ったクリームは医薬部外品となるため、購入する際にきちんと確認しましょう。
美白成分としてハイドロキノンもよく知られています。
この成分にはメラニン色素の生成を強力に抑制する作用がありますが、自己判断で使うと副作用のリスクがあるので注意が必要です。
基本的には病院で処方してもらった方が良いでしょう。
シミを消すクリーム おすすめは直接肌につけるものですし、安全性の高い成分で作られているかどうかもポイントとなります。
特に敏感肌の人は成分表示をきちんと確認してから購入した方が安心です。
場合によっては肌に刺激となるような成分が入っているかもしれません。
注意が必要な成分として、パラベンやエタノール、香料といったものが挙げられます。
パラベンは信頼できる成分ですが、肌に合わないことがあるので注意しましょう。
クリームにはあまりエタノールが含まれていませんが、敏感肌の人やアルコール過敏症の人などは注意が必要です。
香料も基本的には安全な成分が使用されています。
ですが、肌に合うかどうかは個人差もありますし、敏感肌の人は慎重に使った方が安心です。
肌に刺激などを感じた場合、使用をやめた方が良いでしょう。
天然由来の成分で作られたクリームを使いたいという人もいるかもしれません。
確かに天然由来の成分なら安全に感じられますが、実はそれが刺激になってしまうこともあるのです。
心配な場合はサンプルを先に試してから購入した方が良いでしょう。
シミを消すクリームを使ってすぐに効果が実感できるわけではありません。
きちんとシミを消したいという場合、継続して使用する必要があるのです。
そのため香りやテクスチャなどを確認し、無理なく続けられるものを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました